白梅の蓋碗

ずっと前に小町さんのところで譲っていただいた、輪花のフリルが可愛い白梅の蓋碗。 ちっちゃいので一人茶用。 ほったらかしていたらいつもまにか花が咲いていた鉢植の白梅は、もう散る間際。 爪の先ほどの柔らかい信陽毛尖の翠が似合います。 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

玄関先の春

黒文字でなく、青文字。 別名はショウガノキ というらしい。 蕾がたわわな枝を玄関先に。 春は、まだかな。 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

思い出

亡き父が残したシーバスリーガルの瓶。 思い出が流れ出てしまいそうで、20年以上が経っても捨てられずにキッチンの片隅に。 最近のハイボール人気も手伝ってか、息子が「飲んでみようかな」と言ってくれた。 父の思い出が息子の中で生き続けるようで、うれしかった。 ご訪問ありがとうございます! にほんブ…
コメント:0

続きを読むread more

2021年 謹賀新年

今年も年が明けました。 まだまだ色々とままならない日々は続きますが、 雲間から光が差すことを信じよう。 今年もよろしくお願いいたします。 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

China Christmas!!

Hちゃんおすすめの、良い仕事をなさる中国料理のお店 白燕さんでクリスマスの夕べ。 酔っ払い蟹も食べましたが、電車で帰るので、私は酔っ払えません。 今年も本当にお世話になりました。 そして、ありがとう。 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

文楽鑑賞教室

Mちゃんからのお誘いで、文楽鑑賞教室に伺う機会をいただいた。 奇しくも?お誕生日当日。 なんて高尚なお誕生日なのかしらん、と悦に入る。 上演作品は「二人禿」から始まり、「文楽の魅力」なる解説を挟み、「芦屋道満大内鏡」葛の葉子別れの段 という組み合わせ。 人形浄瑠璃文楽は、歌舞伎と並んで人類の無形文化遺産。 一人の人形を…
コメント:0

続きを読むread more

2020民族的締めくくり

アーチコレクションさんの特別企画 美のコレクション vol.09『ウズベキスタンのスザニ展』へ。 1990年代後半に集めた50-90年ほど前のウズベキスタンのスザニ30点ほどを展示します...ということでしたが、いつも期待以上の充実具合。 魔法の袋があるのではないかと思うほど、後から後から出てくる帽子。 数だけでなく、状態の…
コメント:0

続きを読むread more

唐津三昧

行きたいところ、やりたいことができずに歯がゆい思いをした人もたくさんいたであろう今年。 そんな中で遠出をするのはやはり後ろめたい気がします。 その反面、「いつかは、はない」という気持ちがあるのも事実。 お見舞いの帰り道、ずっと行ってみたかった場所に家族で行く機会がもてました。 佐世保から佐賀はすぐ。佐賀の武雄市にある御船山楽…
コメント:0

続きを読むread more

白茶菓~甘しMont Blancへの道~

この日は今年一番で、最後のお茶時間。 冬の黄色い光が差し込む午後から夜にかけて、白茶菓のお茶とお菓子に浸る。 「2020秋天 白茶果茶菓ノ會 ~甘しMont Blancへの道~」 見知った面々と少人数でのお茶会となりました。 まったりとした雰囲気をそのまま取込み見たくて、暮れていく時間のまま撮影したので、かなり暗めに…
コメント:0

続きを読むread more

1年に一度の。

会いたい人たちにも会えなかった2020。 今年初めて、そして忘年会も兼ねての食事会。 TexturAの女子ごゝろをくすぐるアペタイザー。 美味しかった!  来年はもっと会えたらいいのにね。 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

ミナペルホネン『風景の色 景色の風 / feel to see』

たまたま通りかかった表参道のスパイラルで〈ミナ ペルホネン〉の展覧会『風景の色 景色の風 / feel to see』の展示会開催中。 ミナペルホネンの初期作品の展示を見るにつけ、歩んできた道のりが一つ一つ大切な足跡とともに今につながっていることを感じます。 新作の受注会もあったようですが、この日は時間切れ。 カラ…
コメント:0

続きを読むread more

金華山2020

2年ぶりの金華山。 今年は前乗りで仙台に1泊。 初めて訪れた松島。日本三景の1つ、静かな水面が美しい松島湾を遊覧船にのって島巡り。 松島駅前のイタリアン トトはどれも美味しく、満足なランチタイム。 夕食は6名で「知る人ぞ知る」居酒屋さんで一杯。 翌日も快晴。 朝早く金華山に渡り、鹿さんとご対面。 …
コメント:0

続きを読むread more

Go to 佐世保

コロナ禍では介護施設の面会もままならないのはどこも変わりない。 夏からしばらく顔を見に行けていなかった義母のところへ。 雲の上からの景色もいやに新鮮な感じ! アクリル板越しに30分ほど面会はできるものの、ずっといられるわけではないので、時間がくると、義母は少し不服そうに手を振る。 空いた時間を使い、今回は少し…
コメント:0

続きを読むread more

香港、行きたい。

美味しいものに目がない方たちと、大人数で「七福」へ。 上海蟹の季節でもあり、どれをいただいても美味しい。特につぶ貝のスープ、絶品です。 持ち込んだ贅沢なお茶を合わせながら、3時間半。 香港に行きたくなる秋の午後です。 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

「TRACING THE ROOTS 旅と手しごと」

小雨の新木場。 食べる場所には少々事欠くのですが、最近、よく取り上げられているかもめ食堂さんのお弁当を買う。 金曜日だったので、カレーの日。TVの取材が入っていました。 胃にもたれない優しい味わい。 コーヒーを飲みにCASICAさんに寄ろうと検索したところ、ちょうどイベントの日に重なりました。 当日入場がで…
コメント:0

続きを読むread more

栗な一日

噂に聞いていた小布施堂の“朱雀”。 コースのお席はもう埋まってしまっていたのですが、まずは初・朱雀。 今年はコロナ禍ということもあって、屋外でアクリル板越しというお席でしたが、お天気も気候も良く、4人で開放感に浸りながら栗を満喫。 お茶なしでは少々いただきにくく、「栗好き」と「普通」の人では評価はやや分かれますが、…
コメント:0

続きを読むread more

“Inhabiting The Moment” (瞬間に生息)

N.Yや東京を拠点とする4人のアーティストたちが、いま起こっている世界的パンデミックの最中や直前に制作された作品を中心に展示した“Inhabiting The Moment” (瞬間に生息) N.Y在住のビジュアル・アーティスト、キュレーターとしても活動するSonomi Kobayashiさん。 今生に思い残すことがない…
コメント:0

続きを読むread more

『彗星菓子手製所の和菓子』

9月の後半にひさしぶりにおじゃました彗星菓子手製所。 9/30に上梓された『彗星菓子手製所の和菓子』の出版記念茶会です。 今回は残念ながら写真に収めることができなかったのですが、 これまでいただいたことのあるお菓子を頭の中で思い出しながら、静かに口に運ぶたび、 彗星菓子さんの作品がどれだけ印象深い物語に縁取ら…
コメント:0

続きを読むread more

米寿手前

80代、90代を元気に過ごすお年寄りは数多くいるけれど、母方のおばたちのパワーも健在。 この日は米寿一歩手前の叔母の誕生日。 懐かしい六本木のトニーローマでカジュアルにお祝い。 いつまでも元気でいてほしい〜 ご訪問ありがとうございます! にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more