Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 第18回 醒墨会展

<<   作成日時 : 2013/12/02 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

O美術館で行われた「醒墨会展」へ。

ここ数年、金老師はチベットと南極にはまっている。

画像


今年は会場でお茶を淹れに行きました。

画像


お客様も水墨画を描かれる方たちが多いので、「中国茶や台湾茶は飲んだことがあります」という方は多かったようですが、「中国茶は高価なんですよね」「いいお茶はなかなか手に入らないですね」「現地で飲んでおいしかったのに、買って帰って自分でいれたらイマイチでした」
という意見がよくきかれました。

画像


友人のKさんは今回は女性の人物画と馬の絵を出品。来年の干支は馬なんだった。

画像


会場にいた生徒さんらをモデルにして、水墨画の実演。
私は初めてみたのですが、絵を描いているときの老師はさすがにいつもと違って見えます。

ためらわずに仕上げていくのもすごいのですが、ひと目みるだけなのに、その人の特徴、そのうしろ側にある内面まで映しだしてしまうのが不思議。

最期の「白」の使い方で、絵に息吹が吹きこまれます。

描いても描いても、まだ描きたい。描いている時間がいちばん充実している。
アーティストとはそうしいったものなんだろうなあと、感じた瞬間です。


■『醒墨会展』

2013.11.22 (金) 〜11.27(水) 10:00〜18:00 (最終日16:00まで)
於:大崎 ギャルリー O美術館






ご訪問 ありがとうございます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第18回 醒墨会展 Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる