Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 2つのExhibition

<<   作成日時 : 2010/04/26 08:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

茶ガールのイベントのときにもお見かけした岡村さんの写真展。

味のある女優さんのような雰囲気をもつ、ギャラリーit'sのたかつさんにも会いたくて、観に行きました。

画像



日本の伝統を紡いでいく職人さんの作品の美を閉じ込めた作品です。


「なに色が好きですか?」
と岡村さん。
選んだ色紙で、かえるを折ってくれました。

画像



今でもデジタルでなく、フィルムで撮っていると聞いてびっくり。
ついていらした先生の影響もあるのでしょう。

(彼女の師匠は繊細な現像のために、井戸水のあるおうちに住まわれたこともあるそう←うちの夫談)


思わず業界話で盛り上がってしまい、長居をしました。


これからも、思い入れのある作品を撮り続けてください。




『つむぐつぐー色の巻ー』 岡村典子写真展.

2010.4.23〜4.27

ギャラリーit's にて

****************


そしてもうひとつは、ご案内をいただいていた陶芸展。

画像



昔ながらのごつごつした焼物とはあきらかにちがう、最近の若手男性作家の作品。

それ単独でも主張はありますが、花を飾るために、料理を盛ることで、また別の顔をのぞかせるような、フレキシブルさ。

すっきりした建築物を見るときと、似通う完成度を感じます。

画像



「なぜか野郎ばかりで…」といいながら、次回も別の作品展を企画しているPetit LuxeのE氏。

文字通り、「小さな贅沢」(Petit Luxe)。




二階堂明弘・井上塁・明石拓馬 『Stacking』

2010.4.19 〜4.24

Petit Luxeにて



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
井戸水のある家って、私が子供時代は有ったが
今でもあり、お住みになっているって
ビックリです。
カップ
2010/04/26 14:58
●カップさん
私も小さな頃、親戚の意おうちでスイカを冷やした憶えががあるくらい。
井戸水をはじめ、軟水のほうが写真の現像が柔らかく仕上がるのだそうです。井戸だけに…深いですよね
うらりん
2010/04/27 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2つのExhibition Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる