Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 白の刺子 カンタ

<<   作成日時 : 2017/06/05 16:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

“民族”がキーワードな、とある一日。

少数民族やチベットの小物や衣装を扱っているChagamo Craft / チャガモクラフト さんへ、YYと。

画像


民族衣裳や雑貨は時代の流れとともにだんだんとその実態は失われつつあって、
現地での買い付けが難しくなっていると聞きますが、現代風にアレンジされていない衣装なども展示されていて、店主のSさんのこだわりがうかがえます。

その足で岩立フォークテキスタイルミュージアムへはしご。

3ヶ月以上やっている展示会でしたが、木、金、土のみ開館のミュージアムなので、あっという間に行き損なってしまわないよう、手帳にもメモっておいたのです。

画像



展示室の中には、一見インドとは思えないようなカンタの儀式用布が飾られています。
生成りを基調とした布に、肉眼でも見えない程あまりに細やかなステッチが施された見事な作品ばかり。

自分のお金を持つ事が許されなかった女性達が、古くなった布をためて重ね、サリーの布糸を使って刺繍を施したというカンタは、手仕事と呼ぶにはあまりにもったいないほどアートなものに仕上がっています。

画像


カンタそのものも素晴らしいのですが、途中お話を聞く事ができた、カンタの持ち主である岩立広子氏のキラキラと光る瞳が印象的でした。

45年前に手にしたカンタの話や、現在でも交流があるというインドの話。
なによりも興味を惹かれたのは、岩立さんご本人。一体どんな人生を歩んできたんだろうか…とそんなことが気になって。


柳のように強くしなやかに歳を重ねた女性たちに出会うたび、ああ、私たちなんて、まだまだだと、どこか勇気が湧いてきます。


ぜひ、勇気をもらいにお出かけ下さい。こちらの展示は7月15日まで。



■第11回展 白の刺子 カンタ --ベンガルでの出会い

2017.4.6(木)〜7.15(土)
於:自由が丘 岩立フォークテキスタイルミュージアム

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白の刺子 カンタ Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる