Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 「標準」を読む、の意味

<<   作成日時 : 2017/04/20 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月のことで遅くなってしまいましたが、あるきちさんが主催するセミナー

「標準」を読む、の第1回に参加してきました。
「標準」と六大分類についてが今回のタイトル。

画像


私たちが初めに習った六大茶の分類は発酵の度合いをベースとした分類でしたが、単にそれだけではなく、もっと製法に基づいた分類がなされています。

ダージリンファーストフラッシュは発酵度が低いので烏龍茶なのか? などといった発酵にまつわる誤解についても、分類の基準にのっとって考えることで、自ずと答えが導き出される。

また、中国の「国家標準」を基準にすると、台式烏龍茶は必ずしも台湾の茶葉を使うことが絶対ではないということなど、なんとなく収まりの悪い物差しもあるにはあるというのだ。

めまぐるしく変わるといっても過言でない中国現地での“標準”を説くべく、充実のテキストをご用意いただき、
美味しいお茶を傍らに、2時間のセミナー時間はあっと言う間に過ぎました。


次回、第2回目の募集も始まっているようですので、ご興味ある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。



ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「標準」を読む、の意味 Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる