Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 近代工芸と茶の湯U

<<   作成日時 : 2017/02/20 19:48  

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の工芸が大きく発展を遂げてきたのは、茶の湯との関わりがあったからーーと言われています。

利休の時代はもちろんのこと、大正、昭和から平成にかけて、うつわの様式美や見立ての独自性は、
ときに斬新に、ときに基本に立ち返りして、現代に至ります。

画像


公園の端に地味に佇む工芸館ですが、展示されている器は実に多彩。

ルーシー・リーの器や松田権六の棗、荒川豊蔵の志野茶碗、魯山人(以上 敬省略)と並んで、
高橋朋子さんの皿やshimoo designさんの立礼卓など、見知ったものもあったのがうれしい。

画像


また、昨年お亡くなりになった内田繁氏の茶室も観ることができました。

画像


教えてくださったRさん、ありがとうございます。



■近代工芸と茶の湯U

2016.12.17(土)〜2.19(日)
於:国立近代美術館工芸館


ご訪問ありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近代工芸と茶の湯U Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる