Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS それぞれの書

<<   作成日時 : 2016/08/16 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「習わなくても、十分字が上手なのに…」

かな文字を習い始めたと聞いたそのときに、たしか私はそんなことを口走ったと思う。

人並み以上に上手だからこそ、その道を少しずつ極めていくことに意味があるのだと気づかずに。

画像


あらゆるところで悲鳴をあげる地球を憂う気持ちをたとえた詩あり

画像


月の舟で漕ぎ出す歌は、選んだ女性の影が見えるよう。

画像


美しい金色の料紙に西行の底知れぬ魅力を表現した作品も。


重ねていくことの貴重さを感じた、三蛙会門下生さん方の作品展。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それぞれの書 Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる