Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 古ポシャギを囲む展示会

<<   作成日時 : 2015/07/30 15:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

たまーにドラマにもはまったりもするように、お隣の国・韓国のアイテムで、以前から惹かれてやまないものがいくつかあります。

画像


国分寺の兒嶋画廊さんで行われていた、「古ポシャギを囲む展示会」。

展示中には、詩人で、韓国の伝統音楽・舞踊を学び、伽倻琴(カヤグム)、ポジャギなど民族芸術を広く研究する、ぱくきょんみ先生を講師として、「朝鮮半島の色とかたち」という特別公開講座もありました。


第1回の『白の世界』は残念だがら定員がいっぱいでしたが、第2回『五正色の世界』では、子供のお祝い儀など、カラフルな色の世界を堪能しました。


韓国好きの方たちの中に混じって、自意識過多のアウェイ感はあったものの、
DNAに刷り込まれた東アジアの情熱。
ところどころ、逆らえない何かを感じる瞬間があるのを、自分でもとても興味深く思うのです。


■古ポシャギを囲む展示会

2015.6.27(土)〜7.26(日) *月曜定休
於: 国分寺 丘の上APT/兒嶋画廊




ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この季節に相応しい涼しげで 何処か温もりを感じ 幾何学模様に遥か悠久の時を感じる ポシャギですねー。 それも 包む文化から 来ているせいでしょうか?
洋洋
2015/08/05 09:20
○洋洋
本当に涼しげでいいですよね。でも手づくりの温かみもあります。これはものすごく大きいので、「包む」チョガッポなのかも。
いずれにしてもテキスタイルに惹かれる理由、なんなんだろうね。探ってみたい。
うらりん
2015/08/07 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
古ポシャギを囲む展示会 Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる