Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS 出光美術館

<<   作成日時 : 2010/05/29 09:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

茶のルーツである中国から、多くの影響をうけながら今に受け継がれる、抹茶や煎茶の世界。

すでに観に行かれた方も多いのではないかと思う出光美術館の「茶 Tea -喫茶のたのしみ-」。
抹茶と煎茶の違いを比較しての展示がなされています。


この日は先月のお返しに、アンちゃんをお誘いして行ってみました。


横手の急須はTeapot、上手の急須は湯鑵としてTea kettle、茶心壺はTea Container、蓋置はLid Stand、建水は Waste Water Receptacle(廃水容器!)など、説明文に書かれた英文字をみながら、東洋の茶器がどのように表記されているのかも面白い発見です。


もちろん写真はご法度なので、ビルの上から眺めるるお堀や新緑をぱちり。


画像



*****************

日本の美・発見III 茶 Tea ―喫茶のたのしみ―

2010.4/3日(土)〜6/6(日)

丸の内・出光美術館



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
英語での表記、昔の作品とか作者の名前が読めないときに、とても役立ちますね。
でも、文字が小さいので、最近は展覧会というと老眼鏡が必需品です

この展示、ずっと気になっていたんです。でもなかなか行かれなくて・・・
juncoco
2010/05/29 11:52
●juncocoさん
たしかに! 作者の名もローマ字になってたりしますしね。
抹茶と煎茶の比較というか、分けられて展示されているのは珍しいようです。間に合えば、ぜひいらしてみては!
うらりん
2010/05/29 23:22
お久しぶりです♪
うらりんさんのブログで、「行くの忘れてた!」と
気付きました。あと1週間ですね〜、行けるかなぁ。
テンコ
2010/05/31 00:39
●テンコさん
座ってひと休みできるフリーのお茶コーナーもあります。お時間あればいいですね。がんばって!
うらりん
2010/06/01 10:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
出光美術館 Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる