Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋

アクセスカウンタ

zoom RSS ルーシーの軌跡

<<   作成日時 : 2010/05/10 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

4月の末。
またまたアンちゃんからお誘いいただき、うれしいかな「ルーシー・リー展」の内覧会に行ってきました。


昨年は展示会に行くチャンスを逃してしまい、荷花さんのブログを指をくわえて読んでいましたから。

画像


          「焼成前の器にヘラで文様を入れるルーシー・リー」(東京国立近代美術館)


どの作家にも作品の遍歴はあるのでしょうが、展示された彼女の作品には、驚くほど一貫性があります。

飾られた作品のどれもがすべてフォトジェニックで、たくさんおさえた写真を載せられないのは残念!


豊かな曲線と、鮮やかな発色を兼ね備えた、ルーシーならではの鉢や花器はいうまでもなく見ごたえがあります。

珍しいところでは、ウエッジウッドから依頼されたジャスパーウエアのプロトタイプや、1940年代につくられたオートクチュールのボタンなども展示。まるでキャンディのような煌めきを放っています。


画像


           「ルーシー・リー展」

焼きあがった器を窯から取り出すときに、頭からまっさかさまにおちてしまいそうなほど深く身を乗り出す、年老いた彼女の姿は、とてもかわいらしい。

友人や知人が彼女のもとを訪れると、自ら淹れた紅茶とチョコレートケーキでもてなしたというのは有名な話。



80、90を過ぎてなお、好きな作品を作り続けた人生は、幸せな人生。


********************

ルーシー・リー展

2010.4/28(水)〜6/21(月)

六本木 国立新美術館にて





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そんな 人生 素敵だな・・・
カップ
2010/05/11 22:30
先日コメントを書いたつもりでしたが、きちんと投稿していなかったみたい・・・
結構いいこと書いたつもりだったのに(笑)

美しい人だと思いました。
皺も充実した人生の証なのでしょう。
見ごたえのある展覧会でした。
荷花
2010/05/14 19:57
●カップさん
ホントに素敵ですよね。
カップさんはおじいさんになったら、どんな人生を送りたいですか?

●荷花さん
前年の展覧会とはまたちがった見答えがあったと聞きます。好きなことをつづけること…一見当たり前のようなことですが、さまざまな葛藤と向き合うことで、彼女の強さが美しさとなってあらわれたのかもしれませんよね。
うらりん
2010/05/18 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルーシーの軌跡 Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる